歯の黄ばみは重曹

歯の黄ばみや口臭は気になります。

自分ではわかりにくいから、余計に気を遣います。

簡単に、安くできるお口のケアがあれば、試してみたくなります。

重曹で歯の黄ばみが改善できます。黄ばみを改善するコツもお答えします。

歯の黄ばみの原因は茶渋やヤニ

歯の黄ばみの原因は、歯についた茶渋やヤニなどのステインです。

黄ばみを改善するためには、歯科医院でホワイトニングをする方法があります。

専門医による診察と治療、施術を受けられますが、費用がかなり掛かります。

また、歯科医院に行かなければならないので、時間の制約もあります。

そして、歯科医院によって効果にばらつきがあることもあり、事前の下調べなど思った以上に面倒なものです。

この他に、市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する方法があります。

この方法であれば、自宅で自分の都合の良い時間にできます。

ただし、ホワイトニング効果のある歯磨き粉は高価なものもあれば、一般の歯磨き粉と変わらない価格のものもあります。

もちろん、効果も期待以上のこともありますが、思ったより効果の得られない場合も多くあります。

また、ほとんどのホワイトニング効果のある歯磨き粉には研磨剤が含まれています。

研磨剤は磨きすぎると歯の表面のエナメル質を傷つけることもあります。エナメル質をコーティングするためにフッ素と併用することも可能です。

ただ、このホワイトニング効果のある歯磨き粉では、効果の表れ方に個人差が出ます。

そして、一定の効果が出るまで継続する必要があり、その後も引き続き使用し続けなければなりません。

重曹による歯の黄ばみの改善は口臭対策も可能

歯科医によるホワイトニングや、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用した方法以外に歯の黄ばみを改善する方法があります。

重曹による歯のお手入れです。

重曹は料理の下処理や、洗濯の漂白、掃除に利用されている方も多いと思います。

重曹による歯のお手入れは、歯の黄ばみだけでなく、黒ずみにも効果があります。

また、重曹はアルカリ性なので、口の中を中和する働きもあります。

口臭やネバネバがきつい時は、口の中は酸性になっています。

そこで重曹を歯のお手入れに使用することで、口の中の酸化した状態を中和し、酸化による口臭やネバネバを防ぎます。

そして、重曹による歯のお手入れは、歯の再石灰化を促進します。

この歯の再石灰化により、虫歯を予防し歯を丈夫にします。

歯の黄ばみを改善すると同時に、歯の生え際の部分の汚れも除去してしまいます。

最近舌を清潔にする効果を聞くかれた方も多いと思います。

口臭やネバネバを予防すると同時に体内に雑菌の進入を防ぐために効果があるとされています。

この舌にできる舌苔を取り除く働きも重曹は持ち合わせています。

重曹により歯のエナメル質を傷つける可能性があります

多くのメリットがある重曹による歯のお手入れですが、デメリットもあります。

まず、歯のエナメル質を傷つけてしまう可能性があることです。

重曹は研磨力で歯を白くするホワイトニング効果を発揮します。

ですから、いくつかの注意が必要になります。

まず、磨きすぎないことです

力を入れすぎないことと、毛先の柔らかい歯ブラシで磨くこと。

そして週に1回程度の利用にとどめることです。

どうしてもホワイトニング効果を早く得られるように、頑張って磨いてしまいます。

重曹を利用した歯磨きはこれが逆効果になってしまいます。

エナメル質を知らない間に傷つけてしまい、歯がしみるようになって初めて気づくこともあります。

一度傷ついたエナメル質はもう二度と再生されることはありません。

せっかくのホワイトニング効果を得られることなく、くすんだ歯になってもとに戻りません。

重曹による歯のお手入れは、磨きすぎないことが大切であると認識してから始めましょう。

また、重曹は口に入れると、大変塩辛く感じます。

重曹は「炭酸塩化ナトリウム」という物質です。

これは「塩」です。

重曹による歯のお手入れで、いくら入念に口をすすいでも、知らない間に体内に塩分を摂取する可能性があります。

医師から塩分摂取の指導を受けている方は、重曹による歯のお手入れは避けた方が無難です。

特に、高齢の方やお子さんは従来の歯磨き粉を使用し、重曹による歯のお手入れはやめましょう。

まあ重曹でやるのが心配ならZEROクリスタルを試してみるのはいいですよ。

重曹による黄ばみ改善のコツは磨きすぎないこと

重曹歯磨きには「食品用」重曹を使います

重曹を使った歯磨き粉の最も大切な点は、「食品用」の重曹を使用することです。

現在多くの重曹が市販されています。

大きな袋に入った低価格の商品はほとんど「工業用」です。

掃除や、洗濯に使用します。もちろん「食品用」を掃除や洗濯にも使用できますが、「工業用」は口に入れることは危険です。

重曹歯磨き用の週に1回程度の使用であれば、大きな袋入りのものよりは、ケーキ材料売り場の小さいタイプをおすすめします。

これは完全に「食品用」ですので、安全です。

また、家の中で「工業用」と間違えることもありません。

ケーキ材料売り場の重曹は「タンサン」と表記されていることも多くあります。

山菜や栗などのアク抜きに使用したり、ベーキングパウダーの代わりに膨らし粉として使用したりします。

この他に、医療用の重曹もあります。

重曹歯磨き粉の作り方は材料を混ぜるだけ

重曹歯磨き粉の作り方は混ぜるだけでとても簡単です。

重曹大さじ1を容器に入れ、市販の歯磨き粉くらいの粘りになるように良くかき混ぜます。

香りもありませんので、味気なく感じる方もおられると思います。

もう少し市販の歯磨き粉に近づけたい方は、水の代わりに飲用グリセリンを使ってください。

重曹1に対して飲用グリセリン2の割合で混ぜ合わせます。

ミントオイル(ハッカ油)を数滴加えると、より市販の歯磨き粉に近くなります。

飲用グリセリン、ミントオイル(ハッカ油)は薬局やドラッグストアで揃えることができます。

重曹歯磨きのコツは歯につけて10分間なじませ、よくすすぐこと

出来上がった重曹歯磨き粉を指に取ります。

優しく歯につけて、10分程度そのままにして歯になじませます。

そして、毛先の柔らかい歯ブラシを使ってやさしく磨きます。

どうしても、ホワイトニング効果を期待して、ゴシゴシと磨きたくなります。

重曹の研磨力でエナメル質を傷めることになってしまいますので、やさしく丁寧に歯の表面を撫でていきます。

歯ブラシはペンを持つように軽く握って、毛先だけを動かします。

この後は、しっかりと口をすすぎます。

すすぎ残しのないように丁寧に、十分にすすぎます。

繰り返しますが、傷めたエナメル質は再生できません。

人によっては、歯になじませただけで、歯ブラシでこすらない人もいます。

少しでも、エナメル質を傷つけないようにして、ホワイトニング効果だけを得るためです。

歯のツヤを失うことのないように細心の注意を払って週に1回程度やさしく磨いてください。

歯科医推薦の重曹うがいは安全で黄ばみと口臭対策の効果抜群

歯科医の多くは、重曹歯磨きより重曹うがいをすすめます

重曹歯磨きによるホワイトニング効果より、エナメル質を傷つけるリスクを重く受け止めています。

重曹うがいは、重曹歯磨きより安全として評価する歯科医師は本当に多いのです。

やはり、自宅で行うものは、リスクを避けて欲しいのが専門医の立場です。

また、重曹を口に入れることに変わりはありませんので、塩分制限をしておられる方や、高齢の方、お子さんは決して重曹うがいを行わないでください。

重曹うがいは歯磨き前と後にクチュクチュうがいを30秒

約100ccの水道水に小さじ1/2の食品用重曹を入れて完全に溶かします。

この重曹水を使用して、クチュクチュうがいをします。

口をあけて上を向いて行うガラガラうがいではありません。

口の中に重曹水を行き渡らせ、歯の黄ばみをとるために口を閉じてクチュクチュと30秒くらい続けます。

重曹うがいは歯磨き前と歯磨き後に行うと大変効果があります。

歯磨き前に行うと、歯の黄ばみを改善するだけでなく、歯垢が取れやすくなります。

そして、歯磨き後に重曹うがいを行うことで口の中を中和し、虫歯予防の効果が期待できます。

重曹うがいだけで、手軽に黄ばみと口臭の改善ができる

もちろん重曹うがいは、口臭やネバネバ対策にもなります。

会社や出先などで、食後の歯磨きができない時はペットボトルに重曹水を持参して重曹うがいをしましょう。

歯磨きができなくてもこの重曹うがいを行うだけで、歯の黄ばみの改善やネバネバ対策ができます。

注意点は、重曹うがいの水に水道水を使用することです。

ミネラルウォーターを使用した場合は、保存がきかないこともあります。

小さめのペットボトルを準備して、クチュクチュうがいを始めましょう。

まとめ

いかがでしたか?

重曹を使用した歯の黄ばみを改善するコツをご理解いただけましたか?

やはり、リスクの大きい重曹歯磨きより、専門医のすすめる重曹うがいが効果的です。

歯の黄ばみと口臭の改善が同時にできる重曹うがいで、笑顔に自信を持ちましょう。